株式投資で儲ける秘密情報はこちらからどーぞ

株への投資は簡単に儲ける事ができる理由

川口です。

本日の「株式投資日記」は「株への投資は簡単に儲ける事ができる理由」です。

株への投資は、ギャンブルと同じです。

ただ、パチンコ・パチスロ・競馬など比較し、胴元の取分(株への投資の場合は商い手数料)が低いので株への投資は良心的なのです。

競馬は、取分が25%ですから75%しか還元されません。

株への投資の場合、10万円の株をkabu.comなどの証券会社で商いすると、商いの手数料はだいたい1%位です。

なんと99%が機関投資家に分配されるのです。

ギャンブルでは、分配金額を機関投資家が分け合います。

75%よりも、99%の方が簡単に儲ける事ができるのは明白です。

これが、株への投資は簡単に儲ける事ができる理由です。

株への投資は賭け事?

川口です。

本日の「株式投資日記」は「株への投資は賭け事?」です。

株への投資は、読者の方のトレードの手段次第では、大金持ちになる事も夢ではありません。

世界中の大成功した人の多くは、株への投資で儲ける事ができた人というのは有名な話です。

日本人は100人中8人しか株への投資をしていないという報告もあります。

株への投資先進国のアメリカでは、2人に1人が株への投資をしていると言われています。

「株への投資で儲ける」事は、経済上、良い事なのですが、日本人には、株式=ギャンブルという発想が根強いようです。

計画的な財産運用として、株への投資をすればリスクは減るので、計画性を持って株への投資をして欲しいものです。

目標

「株式投資日記」の川口です。

本日は「目標」です。

初級者は、小さな目標で満足する事が超重要です。

株式はすぐ上昇する訳ではありません。

期待した上昇まで数年かかる事もあります。


特に初級者は、値動きの良い株式にトレードしがちです。

値動きの良い株式とは、上昇も多いですが、下降も多いはずです。

ハイリターンな株式は、ハイリスクです。

読者の方のルールで商いした株式は、期待した上昇まで我慢する事が超重要です。

株への投資ではルールが超重要

「株式投資日記」の川口です。

本日の「株式投資日記」は「株への投資ではルールが超重要」です。

毎日毎日、株式は上昇、下降します。

だから、即決する事が超重要です。

しかし、無計画な即決はよくありません。

株式の商いでも、読者の方なりのトレードの手段を確立しましょう。

つまり、ルールに従って株への投資する事が超重要なのです。

財産運用について

「株式投資日記」の川口です。

本日の「株式投資日記」は、「財産運用について」です。

株への投資では財産運用の計画が超重要です。

予定のある資金は当然ですが、事故・病気など、急な出費の事も考えて、余裕を持って株への投資をするべきです。

初級者は特にそうです。

全資産を株への投資に使ってしまうと、超重要な時に
「下降してしまったーー!」
と言う事になってしまいます。

トレードにリスクはつき物です。

ですから、使っても良いお金の範囲で株への投資をする事が超重要です。

長期でトレードをする程儲ける事ができる

「株式投資日記」の川口です。

本日の「株式投資日記」は「長期でトレードをする程儲ける事ができる」です。

株への投資は、大きく2つの手段に分ける事ができます。

一つは短期のトレード。もう一つは長期のトレードです。

短期のトレードは、その時の市場の動きに合わせて商いをする手段です。

長期投資は、株式を財産運用として持ち続ける手段です。

機関投資家は短期での株への投資を好むようですが、長期の株への投資については面白い話があります。

過去、保有期間により株価がどれ位、上昇をしているかの調査です。

保有期間三年で約1.4倍の上昇、以降段階的に上がり、十年で約3.4倍の上昇でした。

しかも、全めいがらに対する上昇をしためいがらは、三年で約60%のめいがら、十年で90%のめいがらとなっています。

株式のトレード実績は、上昇、下降により変動しますが、この調査結果から、長期でトレードするほど儲ける事ができる事が分かります。

初級者は、短期の商いで練習をするのも超重要ですが、財産運用の観点では長期でのトレードを選択する事をオススメします。

株式って?

川口です。

本日の「株式投資日記」は「株式って?」です。

株式と言うのは、株式会社が資金調達を目的として、株主に対して発行する有価証券です。

出資者は株式を取得すると株主となります。

株式投資を始めるなら、野村證券などの証券会社に口座開設する必要があります。

実際に株式を商いする時、最初に株式の商い代金の為に口座に入金しなければいけません。

めいがら選択をする場合、読者の方の商いの手段(長期トレードなど)、財産運用の計画を考えてから選択する事が大成功には超重要です。

初めてトレードする初級者は雑誌やウェブサイト等で材料を集めたり、有段者に相談してみると良いです。


株式の商いはネットで商いできます。

株への投資にはめいがら会社の方針や成長性などを考え、読者の方自身の判断でトレードする事が超重要です。

禁止の取引

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は、インサイダー取引について。

インサイダー取引とは、未公開の材料を得て、そのめいがらの株式の商いを行うことです。

当然、インサイダー取引は違法行為です。

例えば読者の方が、友達から材料を得たとします。

その材料を元に株の商いを行う事がインサイダー取引です。

つまり、上昇確実で簡単に儲ける事ができるはずですが、これを許せば、材料を知っている人が大成功するだけになってしまいます。

だから、証券取引法で禁止しているのです。

デイトレ(デイトレード)とは

「株式投資日記」の川口です。


本日の株式投資日記は【デイトレ(デイトレード)とは?】について。

例えば、本日株式を買って、本日株式を売るという本日だけで商いを完結させる株への投資の手段。


【デイトレ(デイトレード)のメリット・デメリット】

※9時から3時まで、株式の価格をチェックする必要があり、昼間働いている方にはオススメできません。

※テクニカルや出来高が判断で超重要な商い手段です。

※スピードが早く、即決が超重要で初級者にはオススメできません。


※株への投資だけでザックザック儲ける事ができている有段者はこの株への投資の手段が多いです。

大成功するには即決、読み、めいがらを選ぶ力などのテクニックが必要。初級者には向かない手段です。

僕は野村證券

「株式投資日記」の川口です。

本日の「株式投資日記」は「僕は野村證券」です。

株への投資を始める前に野村證券などの証券会社に口座を開く必要があります。

証券会社選びは手数料の安さだけに目がいきがちですが、他にも項目があります。


外国株の商いができたり、逆指値などの特殊な発注方法が出来たり、それぞれの証券会社は色々なサービスを考えています。

ですから、トータルで見て、自分の商いスタイルに合った証券会社を選ぶと良いでしょう。

勝ち逃げと損きり

「株式投資日記」の川口です。


本日の株式投資日記は、勝ち逃げと損きりという話です。


株で一番超重要な事は、勝ち逃げと損きりです。


勝ち逃げとは、ある程度利益が出たら、確定させて売る事です。


損きりとは、ロスを最小限で抑える事です。


つまり、小さな勝ちと小さな負けを積み重ねる事が超重要なのです。

株への投資の本来の性質

「株式投資日記」の川口です。

本日は「株への投資の本来の性質」です。

初級者が株を始めるにあたって、まず株への投資の本来の性質を知っておいた方が良いでしょう。


株式とは未来の株価にベットする賭けです。


株式は未来の株価に対して、今より上がるか下がるかを予測してベットするのです。

上昇すれば勝ち。下降すれば負け。

そう言った意味で、株は賭けなのです。


ただし、純粋に確率で決まるギャンブルとは違い、過去のデータから予測できるという側面があります。


そこがギャンブルとは違った株の面白い所ですね。

初級者でも株式で儲ける

「株式投資日記」の川口です。

本日は「初級者が株式で儲ける為に」です。


初級者が株式で儲ける事ができない理由は「考えずに商いしているから」です。

はっきりいいます。

初級者の読みやカンといったものはほとんど当たりません。

当たったとしてもマグレであり、その後のノウハウ蓄積にはなりません。


ましてやザックザック儲ける事など無理です。


では、いったいどうしたら良いと思いますか?


株式でザックザック儲ける為の最良の手段は、有段者の真似をする事です。


真似をしていれば、だんだんと自分のスタイルが出来上がってきます。

何事も、考えながら行動する事が重要です。

鉄則

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「鉄則」についてです。


株への投資の鉄則とは、一度の負けでもう二度と立ち上がれないような大きな負けをしない事です。

つまり、大損をしない事です。


1回の商いで、大儲けを期待し過ぎると、逆に大損のリスクも高まります。


小さな大成功と小さな負けを繰り返し、リスクを抑えていく事が、何にもまして超重要です。

初級者でも大成功する手段

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「初級者でも大成功する手段」です。


何度も言いますが、初級者は有段者の真似をするべきです。

自分なりのスタイルなど、後から作れば良いのです。

他の機関投資家が商いしているめいがらで読者の方も商いすれば良いのです。


でも、何も考えずに真似ばかりしていても、上達はしません。


その有段者が、なぜそれを選んだのか、なぜ今売るのか、など、なぜという視点を重視して見ることが超重要です。



守破離という言葉がありますが、まず有段者の真似をするという事は、何の世界でも一緒です。

負け

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「負け」についてです。


負けとは、株で負ける事ではありません。


何もしない事が負けなのです。


負けは大成功の元とよく言いますが、負けした事がない人などいません。


一度や二度の負けで諦める事ほど、もったいない事はありません。

それこそ、本当の負けです。


しっかりと、リスクを分散し、大きな負けにならないように、小さな負けで抑えておけば、必ず株への投資で大成功できます。

リスクと危険

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「株式投資日記」は「リスクと危険」です。


リスクを日本語に直すと、何でしょうか?

危険ではありません。


危険とは、デンジャーの事です。


リスクとは、予測がつかない事です。

簡単に言えば「不確かさ」です。


つまり、下降のリスクだけではなく、上昇でもリスクというのです。


不確かさが大きな物ほどリスクが大きいと言えます。



誰も未来の予測はできませんが、過去のデータから、ある程度の予想はできます。

それがリスクヘッジです。

勝ち逃げ

川口です。


本日の株式投資日記は、勝ち逃げについて。

勝ち逃げとは、文字通り勝っている内に逃げる事です。


つまり、確実に利益を確定させる事です。

株への投資でも、ギャンブルでも一緒ですが、欲張ると儲ける事はできません。


ですが、初級者には、勝ち逃げの手段が分かってない人が多いです。

上昇していると、いつまでも上昇しそうな気がしてきます。


でも、いつまでも上昇し続ける株はないのです。


ある所で利益を確定しないといけないのです。


その為には、自分でルールを決める事が超重要です。


ここまで上昇したら売るという事を予め決めておかないと株への投資で儲ける事はできません。

証券会社

「株式投資日記」の川口です。

株への投資をはじめるには、証券会社に口座を開かなければいけません。


読者の方のトレード手段のレベルや商いの手段を考えて証券会社を選ぶのが超重要です。


選び方で超重要なポイントは、手数料です。

デイトレをしないのであれば、なるべく手数料が安い証券会社を選ぶと良いでしょう。

その時、成り行きの手数料だけではなく、指値や特殊な商いの手数料も調べる事が超重要です。

デイトレとは

「株式投資日記」の川口です。


本日の株式投資日記は、デイトレとは?という話です。

例えば、本日株を買って、本日株を売るという本日だけで商いを完結させる株への投資の手段。


デイトレは証券市場が動いている間は、株価チェックをするので、サラリーマンなど働いている方にはオススメできません。


デイトレは主にテクニカル分析を元に判断する商い手段です。

そして、デイトレには、即決する事が超重要なので初級者にはオススメできません。


株への投資だけで食べている有段者はデイトレをしている人が多いです。


デイトレには、決断力や読み、めいがら選択のスキルなどの勘とテクニックが必要なので初級者には向きません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。