株式投資で儲ける秘密情報はこちらからどーぞ

インサイダー商い

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記はインサイダー商いについて。

インサイダー商いとは、未公開の材料を不正に入手して、その株の商いを行うことです。

例えば読者の方が、友達から材料を得たとします。

その材料を元に株の商いを行う事がインサイダー商いです。


インサイダー商いは違法行為です。


つまり、インサイダー商いは確実に儲ける事ができる手段ですが、これを許せば、材料を知っている人が大成功してしまいます。

ですから、証券商い法で禁止しています。

長期でトレードをする程儲ける事ができる

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「長期でトレードをする程儲ける事ができる」という話です。

株への投資は、大別すると二種類の手段に分ける事ができます。

短期トレードと長期トレードです。


デイトレなどの短期のトレードは、その日の市場の動きに合わせて商いをする手段です。

長期トレードは、株を資産運用として持ち続ける手段です。

有段者の機関投資家は短期トレードをする人が多いです。

ただし、私は初級者には長期トレードをオススメします。

長期の株への投資については面白い話があります。

過去の調査から、株式は長期で保有した方が、上昇するというデータが得られています。


初級者は、長期保有での株式商いをオススメします。

計画

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「計画」です。


何でも計画は超重要です。


株への投資でももちろん、資産運用の計画が超重要です。


使って良い資金、つまり、失っても構わないという資金の中で株への投資をする事が超重要です。


初級者は特にそうです。

全資産を株への投資に使ってしまうと、いざという時に資金がなくなってしまいます。


トレードとは、リスクがあるものです。


ですから、大成功する事ばかり考えずに、負けした時の事もしっかりと考慮に入れておく事が超重要です。

ルール

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「ルール」です。

当然ですが、証券市場が開いていれば、毎日株価は変動します。


だから、即決するスキルが必要になってきますが、やみくもな即決はしてはいけません。


つまり、ルールに従って決断する事が超重要なのです。


ときには勘も必要ですが、初級者こそルールに従う事が超重要です。


そうしないといつまでたっても上達しません。



大成功した人は、必ず自分なりのルールを確立しています。



まずは人のルールを真似して、それを自分なりにカスタマイズする事をオススメします。

目標

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「目標」です。

初級者の内は、少ない利益で確定しておく事が超重要です。


株価はすぐ上昇する訳ではありません。


特に初級者は、儲ける事ができると思い値動きの激しい株にトレードしがちです。

値動きの激しい株とは、上昇も多いですが、下降も多いのです。


トレードの原則ですが、ハイリターンなものは、ハイリスクです。


最初から目標を大きく設定し過ぎると、結局は儲ける事ができなくなってしまいます。


小さな目標を積み重ねる事が超重要です。

株式人口

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「株式人口」についてです。

株への投資は、手段によって、大金を儲ける事もできます。


世界のセレブと言われている人たちは、株で財をなしている人が圧倒的に多いです。


株への投資先進国のアメリカでは、2人に1人が株への投資をしていると言われているのに対して、日本人は堅実な国民性からか100人中8人しか株をしていないと言われています。


日本では、株イコールギャンブルという偏見が根強いのでしょう。

今では、株に対するイメージも変わってきてはいますが…


計画的に株への投資をすればリスクはかなり回避できます。

株はギャンブルにも出来ますし、資産運用にもなり得ます。


ぜひ、多くの日本人にも株の楽しさを味わって欲しいと思います。

トレードの手段を簡単に変えない


「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「トレードの手段を簡単に変えない」という話です。

初級者は、よく自分のトレードスタイルについて、不安になったり、勢いで商いしてしまいがちです。

でも、自分のトレードスタイルを簡単に変えてしまう事は良くありません。




バフェットは、ハイテク株を商いしてなかったので、ITバブルでも大儲けはしませんでしたが、逆に、バブルがはじけた時も、下降は少なくて済みました。


株への投資では、読者の方のトレードルールに従う事が超重要です。

もし、変えるのであればそのルール自体を変えた方が良いのです。

めいがら選択

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「めいがら選択」についてです。


株をいつ買うかの前に、何を買うかという問題があります。

それがめいがら選択の段階です。

株への投資においてめいがら選択は超重要な要素です。


読者の方がめいがら選択するのが難しいのであれば、誰かの選んだめいがらで読者の方も商いする事をオススメします。


何でもそうですが、初級者はまず有段者の真似をするべきです。


真似をしている内に、自分のルールを作り出していけば良いのです。

鉄則

「株式投資日記」の川口です。

本日の株式投資日記は「鉄則」についてです。


株への投資の鉄則とは、一度の負けでもう二度と立ち上がれないような大きな負けをしない事です。

つまり、大損をしない事です。


1回の商いで、大儲けを期待し過ぎると、逆に大損のリスクも高まります。


小さな大成功と小さな負けを繰り返し、リスクを抑えていく事が、何にもまして超重要です。

めいがら選択の手段

川口です。

めいがら選択の手段」です。

初級者には、めいがら選択は難しと思います。

しかし、株への投資ではめいがら選択は超重要な要素です。


初級者が自分でめいがら選択するのが難しいのであれば、誰かが選択しためいがらを読者の方も商いすれば良いのです。


初級者でも株への投資で大成功する手段は、有段者の真似をする事です。


どこかのページの推奨めいがらで商いする訳ではありません。

株で大成功している機関投資家の商いめいがらの中で、読者の方が良いと判断しためいがらを選択すれば良いのです。

株への投資の良いところ

川口です。

本日の「株式投資日記」は「株への投資の良いところ」です。

株への投資の大きな魅力のひとつはキャピタルゲイン、つまり上昇です。

当然、商いの前と後との差額の事です。


リスク管理の手段を学べば、株への投資は、銀行預金よりも割の良い財産運用です。

株への投資で儲ける事ができる訳

川口です。

本日の「株式投資日記」は「株への投資は簡単に儲ける事ができる理由」です。

株への投資は、ギャンブルです。

ですが、競馬など比べると、胴元の取分が低いので株への投資は良心的と言えるのです。

競馬は、子には75%しか還元されません。

株への投資の場合、10万円の株を証券会社で商いすると、商いの手数料はだいたい1%位です。

99%が機関投資家に分配されるのです。

ギャンブルでは、分配金額を機関投資家が分け合います。

75%よりも、99%の方が簡単に儲ける事ができるのは明白です。

これが、株への投資は簡単に儲ける事ができる理由です。

リスク分散

「株式投資日記」の川口です。

本日は「リスク分散」についてです。

株への投資には、必ずリスクがあります。

しかし、リスクを恐れていては儲ける事はできません。

リスクをいかに分散させるかが超重要です。

初級者は、いきなり大成功を求めますが、まずはリスクヘッジが超重要です。

まずは大成功を求めるよりも、リスクヘッジするのです。

リスクヘッジをしながら、だんだんと読者の方に合ったトレードの手段を見つけましょう。

【お知らせ】

株への投資で大成功した、新山恵利子さんがそのノウハウ【株式投資ゴールデンルール】を200名限定で公開中です。

負けばかりしていた僕でも儲ける事ができる様になった手段です。

スワップポイントとは

川口です。

本日の「株式投資日記」は「スワップポイント」です。

スワップポイントとは、主にFXで使われる用語です。

スワップポイントとは、金利の低い国の通貨と金利の高い国の通貨とを交換することで、その金利差を調整する金利調整のことをいいます。

通貨の商いで儲けるだけでなく、スワップポイントで儲けることができるのも、FXの魅力のひとつです。

ただし、逆の金利の商いを行うと逆に差し引かれてしまうので注意が必要です。

成行注文とは

「株式投資日記」の川口です。

本日は「成行注文」です。

成行注文とは、文字通り成り行きで注文する商いの手段です。

成行注文はプライスオーダーとも言います。

この手段は、読者の方が商いしたいと思った時に金額の指定をせずに注文する手段です。

ですから、すぐに商いしたい時に行う商いの手段です。

真似

「株式投資日記」の川口です。

本日は「真似」です。

初級者でも株への投資で大成功する一番良い手段は、有段者の真似をする事です。

読者の方が気に入った機関投資家の株を商いすれば良いのです。

その時、注意しなければいけない事があります。

なぜこのめいがらを選択したのか?、いくら下降すれば買うか?というポイントを考えながら商いする事が超重要です。

すると、その機関投資家の商い思考の手段が分かります。

守破離という言葉がありますが、まず真似をして、それを変化させ、ついには独自の道を行くのです。

何も考えていない人は、いつまでたっても成長できませんからね。

トレードの基本

川口です。

本日の「株式投資日記」は「トレードの基本」です。

株への投資の基本はキャピタルゲイン、つまり上昇です。

もちろん、商いの前と後との差額の事です。

株への投資には配当や、優待などの魅力もありますが、トレードの基本はやはり上昇を考えるべきです。

【お知らせ】

株への投資で大成功した、新山恵利子さんがそのノウハウ【株式投資ゴールデンルール】を200名限定で公開中です。

負けばかりしていた僕でも儲ける事ができる様になった手段です。

めいがら選択

「株式投資日記」の川口です。

本日の「株式投資日記」は「めいがら選択」について。

初級者には、めいがら選択は難しいと思いますが、株への投資においてめいがら選択は超重要な要素です。

一番大事だと言っても良いかもしれません。

読者の方が、自分でめいがら選択するのが難しいのであれば、誰かが選択しためいがらを選べば良いのです。


初級者でも株への投資で大成功する手段は、有段者の真似をする事です。


と言っても、他のページの推奨めいがらで商いする訳ではありません。

株で大成功している機関投資家の商いめいがら(ポートフォリオ)の中で、読者の方が良いと判断しためいがらを選択すれば良いのです。


その時に超重要な事は、その機関投資家がなぜその株を選んだのかを考える事です。

真似ばかりしていても大成功はできません。

その人の考え方を、読者の方が身に着けるために真似をするのです。

ダウ理論

「株式投資日記」の川口です。

「ダウ理論」についてです。

ダウ理論とは、相場を分析する代表的な理論です。

読者の方もニューヨークダウやダウ平均株価などという言葉を聞いた事がありますよね?

これはダウ・ジョーンズ社が発表しているアメリカ株式市場の代表的な指数です。

そのダウ・ジョーンズ社の設立者の1人、チャールズ・H・ダウの著書を後年にまとめた物が、ダウ理論と言われる株への投資の理論です。

トレードの手段

「株式投資日記」の川口です。

本日は「トレードの手段」です。

株への投資をしていると、本当に正しいのかに不安になる事がしばしばあります。


読者の方もありませんか?


しかし、すぐにトレードの手段を変えるのはオススメできません。


チャレンジは超重要ですが、無計画なトレードは負けの原因になります。


ですから、トレードをする時は、常に根拠を考える事が超重要です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。