株式投資で儲ける秘密情報はこちらからどーぞ

株への投資の鉄則

「株式投資日記」の川口です。

本日の「株式投資日記」は「株への投資の鉄則」です。

読者の方は、株への投資の鉄則とは何だと思いますか?


トレードで大成功する簡単な手段は「大損をしない事」です。


その為には、1回のトレードで大きな上昇を期待し過ぎない事も超重要です。


負けをなるべく小さく収める事。

小さな大成功を積み上げる事。


初級者にはこの2つが特に超重要です。

ギャン理論

川口です。

本日の「株式投資日記」は「ギャン理論」です。

ギャン理論って聞いた事ありますか?

ギャンとは、世界恐慌を予想したなどの数々の伝説を残すウィリアム・D・ギャンという相場師の名前です。

そのギャンが、晩年に完成させたトレード理論の事をギャン理論といいます。

株への投資では、いろいろな理論がありますが、その代表的な理論と言って良いのがギャン理論です。

ギャン理論は、価値ある28のルールとも言われ、機関投資家の為のトレードルールを示した物です。

ギャンは昔の人ですが、現在の相場でも十分に使えます。

とても興味深い理論ですので、一度調べてみることをオススメします。

トレードの基本

「株式投資日記」の川口です。

本日の「株式投資日記」は「トレードの基本」です。

トレードには色々な手段があります。

しかし、どのトレードも基本的にはすべて同じです。

トレードした金額よりもリターンが多くなれば良いのです。

しかし、しっかりと知識やテクニックを学ばなければ、トレードではなく単なる出費になってしまいます。

でも恐れる事はありません。

基本を身につけ、身の丈に合ったトレード手段のスタンスを確立させれば、株は読者の方の武器になります。

読者の方が気になったトレード手段を見つけたら、とりあえずやってみる事をオススメします。

試行錯誤は読者の方の今後に必ず役に立ちますから。

信用残

「株式投資日記」の川口です。

「信用残」について説明します。

信用残とは、信用商いの残高を集計したものです。

毎週発表され、買い、売りの両方の株数と増減などが分かります。

信用残は、株への投資ではとても超重要ですので、少なくとも増減だけはチェックする事をオススメします。

信用商い

川口です。

本日の「株式投資日記」は「信用商い」です。

信用商いでも現物商いでも基本的なトレードの手段は安く買って高く売る事です。

ですが、信用商いの注意点は2つあります。

1つは、レバレッジが利かせられる事。2つ目は6ヶ月という期間が決められている事です。

ですから、基本的なトレード手段は短期でのトレードになります。

また、商いの間の金利も発生します。

ですから、信用商いでは、現物株商いよりも短期的な考え方が超重要です。

株への投資で1億円儲けるキャバクラ嬢

「株式投資日記」の川口です。

本日は「株への投資で1億円儲けるキャバクラ嬢」の話です。


読者の方は1億円あったら、何に使いますか?


川口は、車を買いたいですね。


その1億円儲けるキャバクラ嬢とは、新山恵利子さんです。

もちろん、キャバクラで儲ける訳ではなく、株への投資で大成功した人です。


しかも、驚く事に何の知識もない初級者なのに、株への投資で1億円儲ける事ができたと言うのです!


その秘密はゴールデンルールに従って商いをしただけ。


僕も購入して読みましたが、すごく理にかなった商いの手段です。

この手段は超重要なポイントである、リスク管理が徹底しています。

間違いなく、初級者にオススメできます。


読者の方も株への投資で1億円儲けてみませんか?


その1億円の証拠画像はゴールデンルールのホームページに掲載してます。

大成功への第一歩

「株式投資日記」の川口です。

本日の「株式投資日記」は「大成功への第一歩」です。

株への投資を始めるには、証券会社に口座を開設する必要がります。

ちなみに、僕は野村證券を利用してます。

証券口座の開設は、初級者でも銀行口座を開設する位、簡単にできます。

株への投資をしたいと思うなら、まず口座を開設する事をオススメします。

トレードの手段を学ぶより、まず第一歩を踏み出してみる事が超重要です。

株価指数連動型上場投資信託(ETF)


「株式投資日記」の川口です。

本日の「株式投資日記」は「株価指数連動型上場投資信託(ETF)」についてです。

ETFとは、日経平均株価などに連動した商品の事です。


初級者にもわかる様、簡単に説明すると「日経平均株価が株価のめいがら」です。

ETFは、普通のめいがらの様に、野村證券などの証券会社で商いできます。


日経平均株価の対象225社の株を全部商いする事は簡単ではありません。
(というより無理です。)

しかし、ETFなら10万円台で商いできます。

つまり、10万円台で225社に分散してトレードできるので、リスクの分散になり初級者にもオススメです。

また、日経平均だけではなく、TOPIXや特定業種のみのETFも商いできます。

不動産へのトレード

川口です。

本日の「株式投資日記」は「不動産へのトレード」です。

最近、不動産トレードの本が多く出版されています。

川口も、不動産へのトレードをしております。

しかし、不動産トレードは上昇する時はザックザック儲ける事ができますが、下降のリスクも大きいです。

ですから、初級者は直接の不動産トレードではなく、J-REIT(Jリート)などの不動産信託をオススメします。

株への投資の鉄則

「株式投資日記」の川口です。

本日は「株への投資の鉄則」です。

読者の方は、株への投資の鉄則とは何だと思いますか?


トレードで大成功する簡単な手段は「大損をしない事」です。


その為には、1回のトレードで大きな上昇を期待し過ぎない事も超重要です。


負けをなるべく小さく収める事。

小さな大成功を積み上げる事。


初級者にはこの2つが特に超重要です。

トレードは怖い?

「株式投資日記」の川口です。

本日の「株式投資日記」は「トレードは怖い?」です。


株式に限らず、トレードは怖いと思いますか?

読者の方がトレードは怖いと思うのはどうしてですか?



おそらく、株への投資を怖いという初級者は「リスク」が怖いと思うのです。

もちろん、トレードにリスクはつきものです。

では、リスクとは一体何でしょうか?

初級者は、リスクとは「危険」と思うかもしれません。


しかし、「危険」とはデンジャーです。

リスクではありません。


リスクとは、簡単に言えば「不確かさ」です。


つまり、下降の「リスク」だけではなく、逆に、上昇という「リスク」もあるという事です。


そのリスクをいかに抑えるかがトレードで大成功する為には超重要です。

株への投資の魅力 まとめ

「株式投資日記」の川口です。

「株への投資の魅力 まとめ」です。

「株への投資の魅力1〜3」のまとめです。

株式の魅力は「キャピタルゲイン(上昇)」「配当」「優待」の3つがあります。

ただし、配当や優待だけで判断すると、下降した時に負けします。

ですから、基本はキャピタルゲイン(上昇)を目的にする事が超重要です。

3つを総合的に考えて大きな損をしない商いの手段がオススメです。

株への投資の魅力 3

川口です。

本日の「株式投資日記」は「株への投資の魅力 3」です。

株への投資の魅力の3つ目は、株主優待です。

株主はトレード先の会社の製品や商品券などが貰える事があります。

特に、読者の方のよく利用する企業なら商いで儲けるより、優待の方がオススメです。


また、優待は会社により様々です。

野村證券などの証券会社で簡単に確認できます。

株への投資の魅力 2

「株式投資日記」の川口です。

本日は「株への投資の魅力 2」です。


株への投資の魅力は、キャピタルゲイン(上昇)以外にもあります。

株式の「配当」です。

配当を目的にトレードをしている機関投資家もいるほどです。

配当を株価で割って100倍したものを配当利回りと言います。

財産運用として考えている初級者は、配当利回りが良いめいがらを選択する手段もオススメです。

しかも、株式の配当利回りは、銀行金利より大きい事がよくあります。


ただし、配当利回りが良くても、業績の悪いめいがらにトレードすると負けしてしまいます。

株への投資の魅力 1

川口です。

本日の「株式投資日記」は「株への投資の魅力 1」です。

一番の株への投資の魅力はキャピタルゲイン、つまり上昇です。


もちろん、商いの前と後との差額の事です。


リスクヘッジの手段を学べば、株への投資は、銀行預金よりも効率の良い財産運用です。

まずは負けしない事

「株式投資日記」の川口です。

本日は「まずは負けしない事」です。

株式での商いには、リスクがつきものです。

初級者は、ザックザック儲ける事を求めがちですが、まずは負けしない事が超重要です。

まずは大成功よりも、負けを回避するのです。


その為、トレードのリスクを減らすには「分散」をオススメします。


まずは、財産運用の中で、株式で商いできる(負けしても良い)お金を分散します。

そして、トレードするめいがらを分散します。


2つの分散が初級者にも簡単でオススメです。

初級者でも株への投資で大成功する手段

川口です。

本日の「株式投資日記」は「初級者でも株への投資で大成功する手段」です。

いつも言っていますが、初級者でも株への投資で大成功する手段は、有段者の真似をする事です。

読者の方の尊敬する機関投資家が選択しためいがらで商いしても良いのです。

でも、何も考えずに商いするのではありません。

どうしてこのめいがらを選択したのか?、いくら下降すれば買うか?を、読者の方なりに考える事が超重要です。

すると、そのめいがらの上昇・下降のパターンや、最適な商いの手段が分かります。

こうなると、めいがら選択が簡単になるのです。

初級者でも簡単なめいがら選択の手段

川口です。

本日の「株式投資日記」は「初級者でも簡単なめいがら選択の手段」です。

初級者には、めいがら選択は難しいでしょう。

でも、株への投資においてめいがら選択は超重要な要素です。


初級者が自分でめいがら選択するのが難しいのであれば、誰かが選択しためいがらを読者の方も商いすれば良いのです。


初級者でも株への投資で大成功する手段は、有段者の真似をする事です。


どこかのページの推奨めいがらで商いする訳ではありません。

株で大成功している機関投資家の商いめいがらの中で、読者の方が良いと判断しためいがらを選択すれば良いのです。

トレードの手段を簡単に変えない

川口です。

本日の「株式投資日記」は「トレードの手段を簡単に変えない」です。

株への投資では、トレード手段に不安になる事があります。

僕でもそうです。

でも、簡単にトレードの手段を変えてはいけないのです。

例えば、株への投資の神様と言われるバフェットは、ITバブルで、ハイテク株を商いしてなかったので、上昇はしませんでしたが、逆に、バブルがはじけた時も、下降は少なくて済みました。

株への投資では、読者の方のトレードルールに従う事が超重要ですが、変えるのであればそのルール毎変えた方が良いのです。

株への投資は簡単に儲ける事ができる理由

川口です。

本日の「株式投資日記」は「株への投資は簡単に儲ける事ができる理由」です。

株への投資は、ギャンブルと同じです。

ただ、パチンコ・パチスロ・競馬など比較し、胴元の取分(株への投資の場合は商い手数料)が低いので株への投資は良心的なのです。

競馬は、取分が25%ですから75%しか還元されません。

株への投資の場合、10万円の株をkabu.comなどの証券会社で商いすると、商いの手数料はだいたい1%位です。

なんと99%が機関投資家に分配されるのです。

ギャンブルでは、分配金額を機関投資家が分け合います。

75%よりも、99%の方が簡単に儲ける事ができるのは明白です。

これが、株への投資は簡単に儲ける事ができる理由です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。